SONYのカナル型イヤホン「XBA-C10」をレビュー!

SONYのカナル型イヤホン

SONYのカナル型イヤホン「XBA-C10」をレビュー!

どうも! ガジェット日和です。僕はよく、カフェでブログを書いているのですが、混んでるカフェって当たり前ですけど、うるさいですよね(笑)。

かといって、自分の部屋だと気が散っちゃいますし、やっぱりカフェの方が捗ります。

そこで僕は、「そうだ、音楽を聞こう」とある日思い立って、雑音をカットできるカナル型のイヤホンを探していました。そこで選んだのが、SONYのカナル型イヤホン「XBA-C10」です。

結論からいうと、音質がクリアなだけでなく、雑音もしっかりとカットしてくれるため、買って大正解でした!

音質は高~中音向け! 一日中でも聴いていられる

音質は高~中音向けです。低音は弱めですが、音のこもり具合は感じません。臨場感には欠けますが、聴いていても疲れないというメリットがあります。僕のように、作業用として音楽を聴きたい方にこそおすすめできます。

ノイズ・音漏れをブロックしてくれる構造

SONYのカナル型イヤホン

ここが一番気に入っているのですが、遮音性が非常に優れています。音楽をかけずとも、イヤホンを装着しただけで、ある程度の雑音はカットできます。音楽をかければ、カフェなどの話し声もかなり軽減されます。

完全な静寂とまではいきませんが、この価格でこの遮音性は素晴らしいです。ノイズキャンセリング機能がついたイヤホンは高いという方に、入門向けとしておすすめできます。

フィット感もグッド

耳に装着した時のフィット感も良い感じです。違和感がそれほどなく、長時間音楽を聴いていても耳が痛くなりません。簡単に外れることもないため、この点はさすがSONYといったところですね。

コードは不思議なほど絡まらない

イヤホンを使っていて嫌なのが、コードの絡まりです。以前100円ショップのイヤホンを使っていたのですが、コードが頻繁に絡まってしまい、ほどくのが非常に面倒でした。

けれどこのイヤホンは、コードの絡まりが驚くほど少ないです。たとえ絡まっても、スルッと滑るようにほどけるため、すぐに絡まりを解消できます。

2年使っても不具合・劣化なし!

気づけばもう2年以上の付き合いになるのですが、不具合や音質の劣化は全くありません。耐久性に関しては問題ないです。

【まとめ】長時間音楽を聞くならコレ!

迫力にはかけますが、疲れにくい作りです。僕のように、長時間音楽を聴いていたい方にこそおすすめです。探せば質の高いカナル型イヤホンは他にもあるでしょうが、そうなると予算が高騰してしまいます。

SONYの「XBA-C10」は、最高級のカナル型イヤホンではありませんが、4,000円台でこの性能は、コスパが非常に良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA