Amazonで買った卓上加湿器をレビュー! オフィスに置くならコレ!

Amazonの卓上加湿器

どうも! 暖房を付ければ冬の寒さもしのげますが、肌や喉が乾燥してしまいますよね。僕の家には加湿器はありますが、職場のオフィスには加湿器がなく、肌の乾燥に苦しめられてきました……

そこで購入を決意したのが、Amazonの卓上加湿器です。実際に使って見たのですが、思ったよりもパワフルなため、潤いを与えてくれました。

卓上加湿器のスペック

  • 加湿の方法:超音波振動式
  • 動作音:30dB
  • 充電方法:USB給電式
  • サイズ:幅8cm、高さ15cm、奥行き8cm
  • 水タンクの容量:180mlの大容量
  • 連続加湿モードは約3時間、節電加湿モードは約7時間使用可
  • 重さ:約250g
  • 消費電力:2W
  • 安全面:転倒湯漏れ防止+空焚き防止
超音波式加湿器とは
タンクの水に超音波を当てて、振動を起こし、ミストを発生させるのが超音波式加湿器です。メリットは構造が単純なためコンパクトな点。デメリットは加湿せずに水を放出するため、水を毎日交換するなど、タンクの水を清潔に保つ必要がある点です。

コンパクトだから置き場所に困らない!

加湿器とペットボトル

500mlのペットボトルと比較してみましたが、かなり小さめです。幅と奥行は卓上加湿器の方がありますが、高さは500mlのペットボトルの2/3ほどです。

大容量だったり、機能が豊富な加湿器はたくさんありますが、そういったものは価格が高かったり、場所をとったりしますから、デスクの上に置く場合は、如何にかさばらないかが重要です

またデザインの方も、クールなブラックなので、オフィスに置いても違和感がないのも良かったです。

加湿は意外とパワフル!

僕はこれまで、コンパクトな卓上加湿器を購入したことがなかったため、「こんなに小さいのに、ちゃんと加湿できるんだろうか?」と不安がありました。しかし実際に電源を入れてみると、その心配も吹き飛びました。

卓上加湿器の上部から、細かいミストが出てくるのですが、思ったよりもパワフルでした。手元に置くと、少し手が冷えてくるほどです。ですので、近くに置きすぎず、少し離れたところが置くのがベストです。

加湿できるモードの違いは?

  • 連続加湿モード:水がなくなるまで加湿し続ける
  • 節電加湿モード:10秒秒加湿すると、10秒間加湿がストップする

加湿は2種類のモードから選べます。連続加湿モードはそのままの意味です。節電加湿モードは定期的に加湿がストップするため、節電&節水できます。水の補充が面倒なら、節電加湿モードがおすすめです。

両方のモードを使用してみた感想としては、節電加湿モードは加湿が始まったと思ったら止むので、近くに置くと集中の妨げになります。また連続加湿モードのほうが肌や喉の乾燥を防げるため、僕は連続加湿モードをずっと使っています。

動作音30dBは本当に気にならない

動作音30dBがどれくらいかというと、深夜の郊外やささやき音と同じくらいといわれています。実際に使ってみると、無音でもほとんど気になりません。小さく、「スー」という音がします。音楽などを聞いていれば、つけていることを忘れそうになります。

水の補充はラクチン

水の交換も簡単です。

  1. 蓋を外し、水を注ぐ
  2. 蓋をする
  3. USbケーブルを繋ぐ
  4. スイッチON!

これだけです。超音波式加湿器は水を清潔に保つ必要があるため毎日水を交換する必要があります。しかしコンパクトで軽量なため、水の交換を苦に感じたことはありません。

転倒湯漏れ防止&空焚き防止だから安全に使える!

使っている途中で、うっかり加湿器を倒してしまったことがあるのですが、まったく水はこぼれませんでした。「転倒湯漏れ防止」というのは伊達ではなく、試しに思いっきり上下左右に振ってみたのですが、それでもこぼれませんでした。

またタンクの水が切れると、自動的に電源を切ってくれます。消し忘れても安心ですね。

USBケーブルは1メートル。長さに注意を!

設置する時は、USBケーブルの長さに注意した方が良いです。1メートルしかないため、USB電源から離すことができません。僕は後からその事実に気づいたので、USBの延長ケーブルを購入しました。

【まとめ】コンパクトでしっかりと加湿できる!

  • 肌をしっかりと加湿
  • コンパクトだから置き場所を選ばない
  • 静音性抜群!
  • 安全面もグッド!
このように、Amazonで購入した卓上加湿器は性能だけでなく、細かな配慮も行き届いています。冬は肌や喉の乾燥が気になる方は、ぜひデスクの上などに置いてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA