最古にして新時代の面白さ~アサシンクリード オリジンズをレビュー!

アサシンクリード オリジンズ

アサシンクリード オリジンズをクリアしたので、ストーリーやシステムなどを一通りレビュー。前作から2年の期間を有しただけあって、数々の新要素に加え、新しい試みが盛りだくさんとなっており、凄まじい出来栄えだった。

「アサクリシリーズ」といえば、「面白いけどマンネリ感は拭えない」というのが僕のイメージだったが、今作では良い意味では裏切られた!

created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥6,829 (2018/08/12 13:43:12時点 Amazon調べ-詳細)

ストーリーはシンプルな勧善懲悪

ゲーム概要
舞台は古代エジプト。プレイヤーはエジプトの守護神「バエク」というアサシンの起源となる人物。バエクは最愛の息子の仇を討つため、「古き結社」と呼ばれるエジプトに蔓延る巨悪と戦う。

一部過去作との繋がりはあるが、過去作をやっていなくても、問題なく楽しめる内容。操作性なども一新されているため、「アサクリシリーズ」の入門として最適といえる

ストーリーの方は勧善懲悪もので、スケールが非常に大きい。クレオパトラカエサルなど、歴史上の偉人たちと手を組んで、エジプト全土を巻き込む抗争に関わるのは、世界史に疎い僕でも大興奮したよ!

それと四天王的なボスキャラと戦うのも、ベタだけど面白かった。やっぱり明確なボスキャラがいた方が盛り上がる。

ただ味方だと思ったキャラと対峙したり、見捨てられたりと、裏切りが非常に多かった

バエクの息子や、彼が道中で出会った少女など、子どもも容赦なく殺されるのが個人的にはキツかった……。

他にも血生臭さい事件が多く、過去作と比べても凄惨な印象。

現代編では新たな動きが……

現代編

アサクリシリーズでおなじみの現代編だが、オリジンズでは女性が主人公を努める。本格的な戦闘はなかったが、身のこなしやステルス能力は高く、敵の暗殺もできた

またネタバレになるので名前は伏せるが、映画版アサシンクリードで登場したあのキャラの名前が出てきたのはなかなかの衝撃。今作だけの小ネタなのか、今後もゲームの方に関わってくるのか気になる。

カウンター廃止で戦闘の自由度は格段に向上!

オリジンズをプレイして一番驚いたのは、戦闘の自由度が非常に高くなった

これまでのアサクリシリーズではカウンターが強すぎたため、敵との戦闘になってもカウンターをすれば良いので単調だった。

しかしオリジンズでは、強すぎるカウンター要素が廃止。カウンターが使えないので、最初は思うように戦えず、雑魚敵に殺されることもしょっちゅう……。

ただ、オリジンズでは攻撃の手段や武器の種類が過去作から大幅に増えたため、先頭の自由度が圧倒的に向上、様々な攻撃手段を用いて敵と戦えるのが魅力

主な攻撃手段
  • 通常攻撃(R1)
  • 強攻撃(R2)
  • チャージした強攻撃(R2長押し)
  • 弓やスリープダーツ、爆弾などの遠隔攻撃(L2で構えてR2で発射)

レベルを上げていけば、近接攻撃・弓攻撃・その他武器(スリープダーツや爆弾など)に対応したアビリティを、自分の好みに応じて獲得できるので、レベルを上げる楽しみもある。

アビリティ一覧

ダブルアサシンは廃止? チェーンアサシンで代用可

アサクリシリーズでおなじみのダブルアサシンだが、オリジンズでは廃止されていた。

まとまっている敵2人を同時に暗殺できるため、これがないと潜入の難易度が格段に上昇するのではと懸念してしまうが、本作ではダブルアサシンの代わりに、チェーンアサシンという新しいアビリティが用意されている。

同時暗殺ではないが、最初の敵を暗殺した後、投げナイフを投げて近くの敵を連続暗殺できるため、ダブルアサシンのように2人の敵を暗殺可能だ

投げナイフなら少し離れた敵にも届くため、慣れればダブルアサシンよりも使いやすかったが、個人的にはダブルアサシンの方がスタイリッシュで好き。

次回作では、チェーンアサシンの演出が良くなっていることを期待したい。

レベルの高い敵との戦いは命がけ

オリジンズでは、敵とのレベル差が非常に重要。敵のレベルがプレイヤーよりも1つ高いだけでも苦戦を強いられる。単純に一撃一撃が重いため、正面から戦うと1対1でも負けることも……。

また、アサシンブレード(ヒドゥンブレード)を強化していないと、敵を暗殺しようとしても完全に殺しきれず、体力を半分くらい削るだけに終わってしまう。

逆に敵のレベルが低いと、囲まれても無双プレイできる。

  • 「ここの拠点は、敵のレベルが低いからゴリ押しでも大丈夫だな」
  • 「ここの拠点は、敵のレベルが高いから気をつけて潜入しよう」
  • など、簡単に拠点制圧・クエスト達成できることがあれば、潜入に絶妙な緊張感が生まれることも

    強敵! 警備兵との戦いがスリリング!

    オリジンズにはボスキャラとは別に、警備兵というやたらと強い敵が用意されている。出くわすことは稀だが、近くに警備兵がいると、恐ろしげなサイレンが鳴って奴らがやってくる。

    警備兵のレベルがプレイヤーよりも高いと倒すことは相当難しく、レベルが同じでなんとか勝てるほどだ。警備兵を倒すと、レジェンド装備という激レアな装備を落とすため、アイテム目当てで挑みましたが、何度殺されたことか……。

    ただ、警備兵の存在が良い感じの刺激を与えてくれた。これまでのアサクリシリーズには、強敵という概念があまりなかったため、新鮮な気持ちでプレイできました。

    ちなみに全ての警備兵を倒すと、クールな黒い衣装を入手できる。

    黒い衣装

    メイン・サブクエストを同時にプレイできるのが便利

    地味にポイントが高かったのが、メインクエストとサブクエストを中断せず、同時進行できた点。

    • メインクエスト:敵拠点Aに囚われている捕虜を救出する
    • サブクエスト:敵拠点Aの隊長を暗殺する

    こんな風に複数のクエストの目標が近くにあれば、敵拠点Aに侵入して、捕虜を救出、さらにサブクエストの目標である隊長を暗殺して、メイン・サブクエストの両方を達成できる。

    膨大なクエストが用意されているのはありがたいが、受注などが面倒だと、ついつい疎かにしてしまうため、オリジンズのこの仕組みはうれしい。

    古代エジプトを再現したグラフィックが凄すぎる

    オリジンズはゲームシステムが素晴らしかったが、グラフィックも半端ではなかった。

    色々なところを観光もとい、クエストのために訪れるため、ピラミットや砂漠、古代エジプトの雄大な自然や街並みを満喫できた。

    風景1
    風景2
    風景3
    風景4

    また露店に並んでいる商品など、細かいところも精巧に作られている。 細かいところも凝っている

    実際にプレイすると、こういった細かい部分は見逃しがちだが、立ち止まってふと眺めてみると、想像以上に凝った出来栄えに感心した。さすがUBI!

    ボリュームはかなり豊富

    メインクエストを全てクリアするまでにかかった時間は40時間ほど。サブクエストは積極的に進めていたのですが、クリアした後もまだ残っていた。

    サブクエストの他にも、闘技場やディスカバリーツアーなどの要素もあるので、ボリューム面は申し分がない。

    他にも追加DLCを購入することで、新たなストーリーやクエストをプレイできる

    オリジンズの不満・改良希望してほしいこと

    全体的にかなり満足いく出来だったが、何点か気になるところがあったので、こちらも書いておくよ。

    ロードが長い

    広大なオープンワールドで、グラフィックが素晴らしいため、ロードの時間が長いのは仕方ないかもしれないが、それでも長いものは長かった。

    僕はロードが始まったら、SNSやネットサーフィンをして時間を潰していたほどだ(笑)。

    バグが多い

    発売日より4ヶ月後にプレイしたが、それでもバグはいくつかあった。NPCの挙動がおかしなものだったり、ロード開始時にバエクが変な台詞を喋ったりと、なかなかに個性的。

    プレイ中にゲーム画面がフリーズするという悲劇も2回あったが、オリジンズは自動セーブのため、それほど気にはならなかった。

    ゲームの規模がかなり大きいので、こういったバグを完全になくすことは難しいのもしれないね。

    ラストがちょっと……

    注意
    ※この項目は本編のネタバレがあります!
    ネタバレが嫌な方はこちら

     

     

    オリジンズの主人公はバエクという男主人公だが、メインクストのラストの方になると、操作キャラが「アヤ」というバエクの妻に切り替わる

    このアヤパートなのですが、正直いって微妙……。

    まず武器は双剣に固定され、バエクが取得したアビリティは引き継がれないため、戦闘がそんなに楽しくなかった

    せめてアヤ独自のアビリティや戦闘技術があれば良かったが、それすらもない。正直バエクの下位互換という印象だった。

    またアヤがラストでは急に出張るため、これまでバエクを操作してきた身としては、なんだかなあというのが正直な感想。前作であるシンジケートのエヴィーのように、せめてアヤ独自の戦闘スタイルがほしかった。

    【総評】生まれ変わったアサシンクリードは最高に面白い!

    不満点もいくつかレビューしたが、それでもオリジンズは間違いなく面白かった。僕なんて、熱中するあまりブログの更新が滞っていた……。

    戦闘や既存のシステムを大幅に変更したことから、UBIのかつてない“本気”を感じた

    アサクリシリーズの入門に最適ですし、これまでのアサクリシリーズにマンネリ感を抱いていた方も楽しめるため、まだプレイしていない方はぜひ古代エジプトに旅立ってみてほしい。

    created by Rinker
    ユービーアイ ソフト
    ¥6,829 (2018/08/12 13:43:12時点 Amazon調べ-詳細)

    追記:アサクリ新作やノベル版も登場!

    強烈なクオリティや中毒性を放つアサシンクリードオリジンズのノベライズ版も発売されたので紹介。内容はオリジンズ本編の前日談。ゲーム本編では語られなかった“アサシン伝説”の秘密が明かされる……

    さらにゲームの方も、待望の最新作が発売予定! 今度の舞台は古代ギリシャ。傭兵である主人公が戦争を通して、ギリシアの英雄へと成り上がっていく……!