皆川博子『U』-それは沈みゆく帝国とUボートを棺とした少年たちの物語

皆川博子U

あらすじ・概要

1915年ドイツ帝国。第一次世界大戦の真っ只中、ドイツ帝国はイギリスに囚われた捕虜を救うため、Uポートでの救出作戦を決行する。Uボートに乗ることを自ら志願した王立図書館司書ヨハン。作戦決行前に彼は、作戦の責任者であるティルピッツににひと束の手稿を差し出す。それはヨハンと、救出対象の捕虜――ハンスの2人が記した手記だった。

手記の舞台は1613年オスマン帝国。ヤーノシュ、シュテファン、ミハイ。三人の少年たちは奴隷としてオスマン帝国に連行される。ヤーノシュ、ミハイの二人は農家のもとで働かされ、ヤーノシュはオスマン皇帝に目を付けられ、宮廷で働くことを強いられる。

第一次世界大戦の真っ只中であるドイツ帝国と、300年前に栄華を極めたオスマン帝国。2つの帝国に秘められた物語が交差する……。

ネタバレ・感想

読み終わると、心が沈んでいくのを実感した。帯には「美しき少年兵の叫びが奇跡を起こす」とあったが、あれを奇跡と呼んで良いのだろうか?
確かにUボートによる救出は驚くほど上手く運んだ。アクシデントはいくつもあったものの、捕虜ハンスを救出しただけでなく、結果的にイギリスのQシップを沈め、船長を捕虜にするという偉業を成し遂げた。だというのに、成功のことごとくが色あせているように感じられた。それはおそらく、本書全体がまとっている斜陽的な雰囲気にあるのだろう。

物語の語り部であるヨハンにしてシュテファンは、自分の意に反してオスマン皇帝に仕えた。シュテファンは僅か数年で、他国の奴隷から皇帝の側近にまで登りつめた。だがそれは彼の意に反したことであり、シュテファンの本当の望みは、引き裂かれた友ヤーノシュとミハイ、二人と共にオスマン帝国から開放されることだったからだ。それゆえに、シュテファンの出世物語は淡々としており、彼が語る以上の苦悩が文面からは伝わってくる。

奇跡が起こり、シュテファンとヤーノシュは、オスマン帝国の呪縛から開放される。本来なら喜ばしい結末だが、読み進めていく間は暗雲が晴れなかった。事実ヤーノシュ改めハンスは、ミハイの系譜を見守ることにし、ヨハンは王立図書館に引きこもり、書物へと溺れる。時を越えてまで自由を手にしたというのに、二人の時はすれ違い続ける。まるでオスマン皇帝に引き裂かれたあの日から時が止まったかのように、二人の中はギクシャクしたものになる。それはUポートでハンスを救出した時も同じだった。もう二度と、二人の時は交わることがないかのように。それゆえにラストの思わぬ事故で、二人がUポートと共に沈みゆくのは予定調和として感じられた。また例え助かったとしても、二人の時はこれまでと何も変わらぬまますれ違い続けただろう。その事実を噛みしめれば噛みしめるほど、切なさが込み上げてくる。

物語を書くということ

手記を記すにあたって、ハンスもヨハンも、自分の転機にして辛い過去を描く際、書きたくない、何のために書くのかと自問するシーンがある。ヨハンはその問にこう答えている。

「混沌を整理し、自分から切り離すため」

著者、皆川博子もまた、若い時の傷を書くということで癒やし、切り離していたと語っている。本書には、Uボートでの砲撃戦や、オスマン帝国の絢爛さと貪欲さ。巧みな情景描写など、様々な見どころがある。だが本当の見どころとは、「なぜ物語を書くのか」ということにあるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA